• 自然の中に出かけるときは
  • 野外観察、自然体験ガイド
  • 小地学事典
  • 那加市立図書館蔵書
  • 参考資料
  • 日独自然保護研究会

静古徳古道散策路/ロータリーの森

施設名 静古徳古道散策路(しずことくこどうさんさくろ)/ロータリーの森
所在地 瓜連地区
連絡先 いばらき森林クラブ那珂支部 TEL 090-7228-2556
コメント特記事項 詳細は、「那珂市 瓜連の自然 ふるさと再発見」(いばらき森林クラブ那珂支部編著 平成24年刊 26頁)に掲載されている。同支部は、2か月に一度、歩く会や観察会を開催している。
写真提供は、いばらき森林クラブ那珂支部
観察、体験できること

樹木、野草、野鳥

瓜連地区内の静神社、斉藤監物の墓、静峰ふるさと公園、古徳城跡、古徳沼、静ため池などを結ぶ標高差40-50mのなだらかな散策路がつくられており、その散策路沿道の樹木、野草、野鳥が観察される。
野草は、ロータリーの森、野鳥は古徳沼に多く見られる。樹木として、シラカシ、イヌシデ、コナラ、ヒサカキ、サカキ、ヤマザクラ。野草として、トリアシショウマ、ヤマユリ、ヒヨドリバナ、ヤマハツカ、オカトラノオ、ノハナショウブ、ママコナ。

学習の狙いと内容
散策路沿道の動植物 四季それぞれの動植物の様子をさがし表現する。
散策路のまわりの自然 自然マップを描く。
生き物とその環境 動植物に適した環境について考える。
森林を守る 森林のさまざまな働きについて話し合う。
自然の美しさ 自然の美しさや畏敬(いけい)の念(ねん)について話し合う。
つながりあう自然 自然界の中で共存しあう動植物について調べる。
つながりを感じよう 自分の身の回りの水や空気、温度、生き物などがつながっていることを感じあう。
  • 前のページ
  • 最初に戻る
  • 次のページ