• 自然の中に出かけるときは
  • 野外観察、自然体験ガイド
  • 小地学事典
  • 那加市立図書館蔵書
  • 参考資料
  • 日独自然保護研究会

常陽ふるさとの森

施設名 常陽ふるさとの森(じょうようふるさとのもり)
所在地 田崎字明神県道102号線、戸多郵便局を少し過ぎたあたりから右へ上る。小さな案内板あり。
連絡先 常陽銀行 TEL 029-231-2151
コメント特記事項 常陽銀行が、環境保全活動の一環として、美しく健全な森林を次世代に引き継ぐため、植林し、茨城古来の森の姿である混交林の再生と、森林づくりをとおして自然のたいせつさを学ぶ場の提供をめざしている。茨城県およびいばらき森林づくりサポートセンターと「いばらき協働の森パートナーズ協定」を締結し取り組んでいる。常陽銀行グループの従業員や家族により、下刈、間伐(かんばつ)、補植(ほしょく)など森の管理が行われている。
http://www.joyobank.co.jp/topics/120317.html‎/
混交林:二種以上の樹木が混生している森林。
補植:植樹・造林などで、苗木が枯れてできた空地に再び苗木を植えること。
観察、体験できること

樹木林、森林浴

樹木として、スギ、ヒノキ、シラカシ、コナラ、クヌギなど。草本などとして、ムラサキシキブ、ヒヨドリバナ、シラヤマギク、アキノキリンソウ、コウヤボウキ、ノブドウ、ノハラアザミ、ガンクビソウ、オオバギボウシ。

学習の狙いと内容
わたしの木を見つけよう 木と友達になる。わたしの木の物語を作る。
森の生き物 森の中の動植物の様子を観察する。
混交林(こんこうりん)のたいせつさ 山林を豊かな天然混交林にすることの大切さを学ぶ。
景観を大切にする
森林管理
林業や森の資源利用の大切さとともに、景観や生物多様性を修得する。
樹木を使った
ネイチャーゲーム
木のこどう。目かくし歩き。木のシルエット。木をつくろう。木の一年。自然へのインタビュー。木の百面相。木の合う仲間。めざせ名探偵。木こりの親方。同級生をさがせ。木のセリフ。ツリーオークション。他
  • 前のページ
  • 最初に戻る
  • 次のページ