• 自然の中に出かけるときは
  • 野外観察、自然体験ガイド
  • 小地学事典
  • 那加市立図書館蔵書
  • 参考資料
  • 日独自然保護研究会

古徳沼

施設名 古徳沼(ことくぬま)
所在地 古徳
連絡先 那珂市観光協会 TEL 298-1111
野鳥についての専門的な問い合わせについては、日本野鳥の会茨城 TEL 029-224-6210 植竹 孝
コメント特記事項 古徳沼は関東地方でも有数のオオハクチョウの飛来・越冬池。毎年11月に入ると3000kmも離れたシベリヤからオオハクチョウの家族が古徳沼に渡ってくる。北海道から東北地方の池や沼で休憩しながら茨城県まで渡ってきますので古徳沼のオオハクチョウが一番多くなるのは1月中旬以降。渡ってきたオハクチョウは池の水草の他に一日中周辺の田圃に出かけて刈り取られた稲の2番穂などを食べて越冬する。3月に入ると徐々にシベリヤに向けて旅立つ。オオハクチョウの他にコハクチョウも渡ってくる。コハクチョウは古徳沼で休憩した後さらに県南に渡って行って越冬する。これらのコハクチョウは2月末から3月には県南からシベリヤに向かうとき一部の群れは古徳沼に立ち寄る。観察時期は冬が最適。
古徳沼は、もともとは農業用の溜池だった。昭和41(1966)年に3羽の白鳥が飛来して以来、年々数が増え、現在ではハクチョウの飛来地として有名。
http://www.maff.go.jp/kanto/nouson/sekkei/kokuei/tonecho/.../02_1.html/‎
観察、体験できること

野鳥

オオハクチョウ、コハクチョウ、マガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、オオタカなど10数種。古徳沼周辺の20年間の観察で130種の野鳥を観察。総数で800羽ほどが越冬する。古徳沼周辺では、野草や昆虫も観察できる。

学習の狙いと内容
野鳥を観察しよう 名前を記録する。数をかぞえる。スケッチする。
季節と野鳥 四季の野鳥の活動の様子を観察記録する。
一年間記録してきた資料をわかりやすく整理してまとめる。
野鳥と越冬 野鳥は越冬などなぜ渡りをするのか話し合う。
野鳥とその環境 野鳥に適した環境について考える。
まもろうぼくたちの手で 野鳥をまもるためにわたしたちができることについて話し合う。
同時に学習できる文化財、古徳城址
  • 前のページ
  • 最初に戻る
  • 次のページ