• 自然の中に出かけるときは
  • 野外観察、自然体験ガイド
  • 小地学事典
  • 那加市立図書館蔵書
  • 参考資料
  • 日独自然保護研究会

文洞ため池

施設名 文洞ため池(ぶんどうためいけ。または分洞ため池または七ツ瀬ともいう)
所在地 鴻巣2090 芳野市民農園の道路を挟んだ向かい。
連絡先 那珂市農政課 TEL 298-1111
コメント特記事項 芳野まちづくり協議会によって、年1-2回、ため池周辺の生物観察会や清掃活動が行われている。
ため池の周りには囲いがあり普段はその中に入ることはできない。
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/nourin/hitokai/hitokai/.../1005yosino.html‎
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/nourin/hitokai/topics/24/yosinotiku.html‎‎
観察、体験できること

ため池、ため池の周りに生息する生き物(昆虫、水生植物、野鳥)

ため池は、雨の少ない時期でも水を使えるようにためておく、人工の貯水池のこと。農作物特に米を作るには水は欠かすことができない。那珂台地には、小場江堰(おばえぜき)用水路ができるまでは、用水用としてはため池が唯一のものだった。そのため、多くのため池が作られた。
ため池は、
①農業用水として(かんがい用水、畑地かんがい用水)
②洪水のかんわとして(大雨の時水を蓄えることができる)
③生態系(せいたいけい)の保全の役割
④防火用水として(火事の消化のために使用できる)
⑤地下水かんようの役割
⑥けいかん保全の役割 など
多面的な役割がある。
コバネアオイトトンボ(絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN))のせい息地として全国的に有名。ほかに、アオイトトンボ、アジア糸トンボなど20-30種のトンボがせい息。スイレンなどの水生植物。ハクチョウ、コハクチョウ、マガモなどの野鳥。ほかに小動物。

学習の狙いと内容
ため池の役割 農業用水の歴史やため池の大切さについて知る。
また現在ため池がどのように使用されているか調べる。
ため池のしくみ ため池は作られる場所によってその姿、形が異なります。ため池のしくみ、構造を学ぶ。
ため池の実態 ため池の役割を果たすための現在適切な管理が行われているか調べる。
生き物さがし ため池やその周りで生き物を見つけ観察する。
ため池の周りの散歩 自然マップを描く。
つながりあう自然 ため池のなかの水や空気、生き物がどうつながっているかを話し合う。
  • 前のページ
  • 最初に戻る
  • 次のページ